長岡市でも初となる「訪問歯科診療」「食支援歯科」を行う歯科医院です。入れ歯や歯周病、口腔ケアのご相談はお気軽にどうぞ!

開業80年の信頼の医療 医療法人社団 慈誠会

〒940-0053 新潟県長岡市長町1-1-7 長岡駅より徒歩10分

診療時間

9:30~13:00/14:30~18:00
※水曜・土曜は16:30まで。
日曜日・祝日

ご予約・お問合せはこちらへ

0258-32-0210

不適合な被せもの・入れ歯を使い続けるリスクについて

歯の豆知識

不適合な被もの・入れ歯を使い続けるリスク

被せものや入れ歯を入れて満足してしまっていませんか?

歯科衛生士の半戸です。

皆さんのなかで、大きなむし歯で被せものの治療をした方、歯の本数が減少

し入れ歯を入れた方がいらっしゃるのではないでしょうか?

 

被せものや入れ歯は、見た目はもちろん食事ができるようにするための助けになったり、他の歯の負担を軽減したりするためなど、とても重要な歯科治療です。しかし、加齢等による歯ぐきの痩せや、経年的な劣化により、徐々にお口の状態と合わなくなります。

【リスク1:むし歯】

被せものは天然の歯よりも歯垢汚れが残留しやすくなります。特に被せものと歯ぐきの境目の隙間にできるむし歯(歯頚部う蝕)になりやすいです。不適合な被せものは歯ぐきと被せものの間の隙間が広くなるため、むし歯になるリスクが高くなります。

また、入れ歯の場合は合っているものを装着していても、入れ歯のバネをかけている歯や、歯が無い部分の隣の歯に歯垢汚れが残留しやすく、むし歯になる可能性が高くなります。

 

どちらも知らず知らずのうちに大きなむし歯に発展していることが多いため、早期発見が重要になります。

【リスク2:歯が揺れてくる】

このリスクは主に不適合な入れ歯を長期的に使用することで、入れ歯のバネがかかる歯(支台歯)に起こりうるリスクの一つです。

この支台歯にはお口にあった入れ歯を付けていても、入れ歯にかかる機能力を負担することから、過重負担が生じやすいため、他の歯と比較して歯が揺れてくる現象が起こりやすい傾向にあります。

そのため、お口に合っていない入れ歯は通常よりもさらに負担がかかるため、歯が揺れるリスクが上がり、最終的に抜け落ちてしまう可能性が高まります。

 

入れ歯の合いは長期間使用しているとそれが当たり前になり、合わなくなってきていることに気づきにくいことがあります。定期的に歯医者で入れ歯の合いを確認することが大事です

 

【リスク3:歯ぐきの炎症】