長岡市でも初となる「訪問歯科診療」「食支援歯科」を行う歯科医院です。入れ歯や歯周病、口腔ケアのご相談はお気軽にどうぞ!

開業80年の信頼の医療 医療法人社団 慈誠会

〒940-0053 新潟県長岡市長町1-1-7 長岡駅より徒歩5分

診療時間

9:30~13:00/14:30~18:00
※土曜は16:30まで。
日曜日・祝日

ご予約・お問合せはこちらへ

0258-32-0210

歯磨き粉のフッ素濃度

歯の豆知識

歯磨き粉のフッ素濃度

歯科衛生士の杣木です。

年齢ごとのフッ素配合歯磨き粉の推奨使用量、濃度が変わったのをご存じですか?むし歯予防の強い味方であるフッ素配合歯磨き粉。2023年1月に推奨量、濃度について新しい基準が発表されました。

 

フッ素とは?フッ素配合歯磨き粉とは?

以前の豆知識でフッ素や歯磨き粉の選び方についてご紹介していますので、ご覧ください。

今回は年齢別のフッ素配合歯磨き粉の推奨使用量や濃度について詳しくお話していきたいと思います。

 

 <最新フッ素配合歯磨き粉の推奨される使用量、濃度一覧>

年齢使用量 

歯が生えてから2歳

米粒程度

(1~2mm程度)

1000ppm

これまでは・・

500ppmで切った爪程度の少量

3~5歳

グリンピース程度

5mm程度)

1000ppm

これまでは・・

500ppmで5mm程度

6歳~

成人・高齢者

歯ブラシ全体

1.5~2cm

1500ppm

これまでは・・

6~14歳:1000ppmで1cm程度

15歳以上:1000~1500ppmで2cm程度

 

*歯が生えてから2歳*

1000ppmの歯磨き粉をごく少量使用します。

歯磨き後にティッシュやガーゼなどで歯磨き粉を軽くふき取ってもいいです。ふき取らなくても問題はありません。

歯磨き粉はこどもの手に届かないところに保管するようにしましょう。

 

3~5歳*

歯磨きの後は、口に溜まった歯磨き粉を軽く吐き出します。

うがいをするときは少量の水(ペットボトルのキャップ1杯ぐらい)で行います。

こどもが歯ブラシに適正量つけられない場合は、保護者の方がつけるようにしてみてください。

 

*6歳~成人・高齢者*

歯磨きの後は、口に溜まった歯磨き粉を軽く吐き出します。

うがいをするときは少量の水(ペットボトルのキャップ1杯ぐらい)で行います。

小学校低学年ぐらいまでは、仕上げ磨きをしていただくのをおすすめしています。お子さんが磨ききれないところはお手伝いしていただくと良いです。中学年以降は仕上げ磨きまではしなくても、時々磨けているかのチェックをすると安心です。

また、インプラントやチタン製の装置がお口の中にあっても、ご自身の歯があるならフッ素配合歯磨き粉を使うことをおすすめします。

 

 <フッ素配合歯磨き粉の効果を高めるには>

①歯磨き粉をむし歯になりやすいところにしっかり届ける

むし歯になりやすいところは「奥歯の溝」「歯と歯の間」「歯と歯茎の境目」

磨きにくいところ、毛先が届きにくいところこそフッ素配合歯磨き粉を届ける必要があります。そのために、最もむし歯のリスクが高い歯から磨くようにしてみましょう。一般的に下の奥歯、上の奥歯はむし歯になりやすいところなので、そこから磨くといいかもしれません。また、人によってリスク部位は違いますので、定期検診の時に担当衛生士に聞いてみてください。

 

②推奨濃度のフッ素配合歯磨き粉を使用する

フッ素濃度が高いほうがむし歯予防効果が高いです。

歯磨き粉の成分表に「フッ化ナトリウム」「モノフルオロリン酸ナトリウム」「フッ化第一スズ」と記載されているものがフッ素配合歯磨き粉になります。フッ素濃度が1000ppmを超えるものはフッ素濃度を記載することが取り決められています。

 

③歯磨き粉は適正な量を用いる

歯磨き粉は歯磨き中に少しずつ薄まっていきます。そのため、使用量が少ないとフッ素の濃度が低下して効果が発揮できなくなってしまいます。フッ素の有効濃度を保つために適正量を使いましょう。

また、歯磨き後のうがいは最小限の水で行いましょう。歯の表面に取り込まれたフッ素を流さないようにするためです。そうすることで効果を最大限に発揮してくれます。

 

<当医院で販売されている歯磨き粉>

以前にも紹介していますが、推奨使用量や濃度が変わりましたので、年齢ごとにおすすめの歯磨き粉を再度紹介していきます。

 

*歯が生えてから5歳*

「チェックアップkodomo」

 

チェックアップgel」

※年齢により使用量は変わります。

 

*6歳~成人・高齢者*

「チェックアップスタンダード」

 

 チェックアップルートケア」

 

「システマSP-Tジェル」

 

「ブリリアント モア」

 

「メルサージュヒスケア」