長岡市でも初となる「訪問歯科診療」「食支援歯科」を行う歯科医院です。入れ歯や歯周病、口腔ケアのご相談はお気軽にどうぞ!

開業80年の信頼の医療 医療法人社団 慈誠会

〒940-0053 新潟県長岡市長町1-1668-2 長岡駅より徒歩10分

診療時間

9:30~13:00/14:45~18:30
※水曜・土曜は17:00まで。
日曜日・祝日

ご予約・お問合せはこちらへ

0258-32-0210

最新のセラミック治療(セレック)について

歯の豆知識

最新のセラミック治療(セレック)について

歯科技工士の小宮山です。

今回の歯の豆知識は、当院のホームページに載っている最新のセラミック治療セレック・プライムスキャンの細かい治療の流れについてお伝えします。

まず、従来の被せもの(いわゆる銀歯)の治療の流れを説明します。

【step1】 

歯科医が、支台歯形成(形づくり)を行います。

【step2】

印象材(ゴムのようなもの)で、型どりをします。(これは人によっては、かなり不快に感じ、嘔吐反射を起こす方もいます。)

【step3】

硬化後、口腔内から外された印象材に石膏を注ぎます。

【step4】

石膏硬化後、分割模型を作成し、咬合器(かみ合わせを再現する器械)に取り付けます。

【step5】

ワックスアップ(銀歯のロウ型を作ること)を行います。

【step6】 

ロウ型を埋没材(鋳型材)に埋没し、硬化後700℃で焼却、その後、鋳造(溶かした金属を流し込む作業)を行います。

【step7】

鋳造した金属を取り出し滑沢に研磨します。

 

以上の工程をすべて手作業で行うため、どうしても製作に時間がかかりなす。

 

 

次に、セレックの治療の流れについて説明します。

 

【step1】

歯科医が、支台歯形成(形づくり)を行います。

【step2】

削った歯の歯列、対合歯(噛み合う歯の歯列)、噛み合わせも、口腔内3Dカメラで光学印象採得、不快な型どりはありません

【step3】

コンピューター上で設計、編集を行い、ミリングマシンでセラミックブロックの削り出しをします。

【step4】

削り出されたセラミックを、専用のシリコンポイントや研磨剤、ブラシを用いて最終研磨を行います。

 

 従来の被せもの治療は、たくさんの材料を使い様々な工程を経て作られています。これにより材料の収縮や膨張や、ヒューマンエラー(人為的ミス)の影響を受けやすいのに対し、セレック治療では、これらの影響はほとんど受けず均一で精度の高い補綴物(被せもの)を製作することができます。

 

 最新の器械でも、それを操作するのは人です。当院のセレック・プライムスキャンの編集や最終研磨は、経験豊富な歯科技工士が行っています。保険治療に使われる樹脂の素材に比べ、セラミックはプラーク(汚れ)が付きにくく、二次的なむし歯になりにくいことが大きなメリットです

小さい子どもが使う樹脂の食器やお弁当箱などは、使っていると着色したり、洗ってもなかなか綺麗にならないのに対して、セラミック(陶器や磁器)の食器は着色しずらく、洗ったら簡単に綺麗になることからお分かり頂けると思います。ただ、セラミックは保険適用外となりますが、当院在籍のTC(トリートメントコーディネーター)が皆様の要望をしっかりお聞きし、即日治療の1Dayトリートメントや、保険診療と自費診療の違いや費用についても丁寧にご説明します

 

いつでもお気軽にご相談下さい。

 

 

 

 

次回の歯の豆知識は・・・

セレック、保険補綴物、自費補綴物の違いについてお伝えします。

診療案内

患者さまにとって負担になりにくい治療を取り入れています。

大学病院で経験を積んだ歯科医師が、精密な入れ歯治療をご提供します。

お口の清潔と健康を守るため、定期健診を重視しています。

健全な歯をなるべく削らない、最小限の治療を心がけています。

永久歯のことを最優先に考えた治療を実践しています。

長岡市で初となる「訪問歯科診療」・「食支援歯科」を行っています。

笑顔に自信を持って頂けるように、白く自然な歯で治療します。

歯を強くする「ポリリン酸」によるホワイトニングをご提案しています。

お問合せはこちら

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのご予約・お問合せはこちら

0258-32-0210

診療時間:9:30~13:00/14:45~18:30
※水曜・土曜は16:30まで

休診日:日曜・祝日