長岡市でも初となる「訪問歯科診療」「食支援歯科」を行う歯科医院です。入れ歯や歯周病、口腔ケアのご相談はお気軽にどうぞ!

開業80年の信頼の医療 医療法人社団 慈誠会

〒940-0053 新潟県長岡市長町1-1668-2 長岡駅より徒歩10分

診療時間

9:30~13:00/14:45~18:30
※水曜・土曜は17:00まで。
日曜日・祝日

ご予約・お問合せはこちらへ

0258-32-0210

歯ブラシの保管方法について

歯の豆知識

歯ブラシの保管方法について

歯ブラシの寿命ってあるの?

歯ブラシを新しく交換する目安は、1ヶ月です。

毎日使う歯ブラシは、清潔な状態を保つために毛先が開いていなくても約1か月を目安に交換しましょう。

毛先が開いた歯ブラシで磨いても、歯垢(プラーク)が十分に落とせません。使い方によっては、毛先の開き方に差が出てきます。強く磨いてしまうと、毛先に負担がかかり数週間で毛が開いてきます。1,2週間で毛先が開いてしまう方は、ブラッシング時の強さや動かし方に気を付けましょう。磨き方に不安がある方は,来院した際にご相談してください。

実際にこのような状態になったら交換の時期です。

写真左:新しい歯ブラシ 写真右:毛先が開いた歯ブラシ

歯ブラシの柄を持ち、後ろから見て毛先が見えるようだったら交換しましょう。

歯間ブラシやフレーム付きのデンタルフロスも交換の時期があります。

●歯間ブラシ

写真のように使っていると変形してきたり、ブラシの接合部が柔らかくなると使用の際に折れてしまうことがあります。危険ですのでそういった場合の際は、新しいものに交換しましょう。

写真左:新しい歯間ブラシ 写真右:交換時期のもの

●デンタルフロス

使い続けると、写真のように糸の部分が切れたり、糸が細くなってきます。このような状態の場合は、交換しましょう。

写真左:新しいデンタルフロス 写真右:交換時期のもの

洗い方について

使った歯ブラシや、歯間ブラシ、デンタルフロスは、流水下で十分に洗いましょう。洗った後は、毛先の部分を上に向けて乾燥しましょう。毛先を下に向けてまま保管すると不衛生ですのでコップやホルダーに立てましょう。

歯ブラシに食べかすが挟まり、洗っても取れない場合

1、コップに水をいれて、歯ブラシの毛先をぐるぐると回しながら洗う。

2、コップの淵に歯ブラシをコンコンとたたき食べかすをおとす。

3、これを繰り返すと食べかすが取れます。

※色紙を食べかすに見立てています。

正しい歯ブラシの保管方法でお口の中を清潔に保ちましょう。

診療案内

患者さまにとって負担になりにくい治療を取り入れています。

大学病院で経験を積んだ歯科医師が、精密な入れ歯治療をご提供します。

お口の清潔と健康を守るため、定期健診を重視しています。

健全な歯をなるべく削らない、最小限の治療を心がけています。

永久歯のことを最優先に考えた治療を実践しています。

長岡市で初となる「訪問歯科診療」・「食支援歯科」を行っています。

笑顔に自信を持って頂けるように、白く自然な歯で治療します。

歯を強くする「ポリリン酸」によるホワイトニングをご提案しています。

お問合せはこちら

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのご予約・お問合せはこちら

0258-32-0210

診療時間:9:30~13:00/14:45~18:30
※水曜・土曜は16:30まで

休診日:日曜・祝日

診療時間

診療日
 
午前×
午後×
診療時間

午前 9:30~13:00
午後 14:45~18:30

△:水曜・土曜は17:00まで

休診日

日曜・祝日

ご予約・お問合せ

お気軽にご連絡ください。

0258-32-0210

アクセス

0258-32-0210

住所

〒940-0053
新潟県長岡市長町1-1668-2

長岡駅より徒歩10分